Feed on
Posts
Comments

wwwaku復活しました

正直なところサーバーログがパンパンになり止まっていたのですが、サーバー移動も完了し復活します。
よろしくお願いします。

blog_part3が始まっています。

みた。見る前にマカロニウエスタンとか、ジョンウエインの西部劇を見ておいた方が予習としていいです。黒人(Rayの主人公の人)が主人公のタランティーノによる西部劇。これですべてを語った気がします。タランティーノ作品のサントラはやっぱりええなぁ。

サスペンス見まくってる身としてはオチが王道すぎ。

エル・ドラド

正直西部劇がこんなに面白いとは思ってなかった。

パンズ・ラビリンス

正直少々グロい。グロさがドキドキに繋がるファインタジーなのでギリ大丈夫な映画。今まで見た事の無い映画。悪くない。

新世紀読書大全

久々に人に勧められる本。英語の副題を訳すと伏魔殿読本といったところで、それがこの本の内容に合います。殺人鬼、サイコパス、ソシオパスなどに関する本を中心に聞いた事も無い本バカリ読んでいる書評集です。こんな本が日本語で読めるんだ日本ってすげえって思う事間違い無しのいい本です。

上記書評の中で唯一読んでいた本。路上より地下街の人々でしょ。

書評を読んでいて読みたくなった。なぜ叶恭子さんはお金持ちになったかがわかる本らしい。

書評を読んでいても読みたくなかったけど、ピンボールとかノルウェイとかおんなじ内容の本とは違うものが読めるという期待。

歩いても歩いても

日常を映す映画が日本じゃ多いけど誰の影響なんだろ。

ゲゲゲの女房

ゲゲゲの女房みた。朝の連続テレビ小説の方じゃなくて、映画の方。

貧乏生活を淡々と描いた作品。

紅白でよかったのはモモクロとヨイトマケ。

ボクシング世界戦中継が大晦日に5試合もあった事に感慨深い。ヤクザと早く縁を切れていたというのが原因なのか、すべてが好ゲームで感動した。檀蜜が良かったw。

バスケスうたれ強すぎ。

8Rのアッパー体ういてたやん。えぐい。

佐藤対赤穂戦感想

檀蜜わらった。

ナイスファイト。赤穂君はワンツー以上のパンチがなったのが敗因。試合の流れを変える為に最終ラウンドのような戦いを途中に入れないと。

河野は持ててるものを全部出せた感じ。テーパリットは日本人相手になめてた感じ。熱い試合。

ワタナベジム、ビルたてろ。

井岡強い。

ロドリゲスも強いけど井岡の体の反応じゃなくて頭の反応でするようなボクシングに最後までリズムが作れなかった感じ。ドネアまでじっくり体重をあげていってほしい。

ポンサワンに打ち合いを挑むというなかなかの好試合。実力は近く、地元と減点で勝てたようなもの。しかしポンサワンは無意識でも試合ができる、相手に一番したくないタイプ。宮崎君のようなボクサーが挑発的な態度だといい人気が出ると思う。ボクシング界の為にも亀0123を全部挑発してくれ。

宮崎君の左ボディー、右アッパー、肘、頭の使い方がよかった。

正直動いたのは最後の3ラウンドだけ。相手の強打をその作戦で封じたのは結果よしとすべき。作戦を守ったところが123の中では一番まし。2は1Rのみ作戦を実行でき、練習の成果は回を追うごとに忘れていくという単細胞ボクシングをまたやってた。

彼らみたいなボクサーは非難の対象であり続けなければならない。ボクシング内容は粟生君なみに面白くない。

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

漫画も一気読みするぐらい面白かったけど、映画もよくできてる。ローマ人を阿部寛とか北村一輝でする配役がすばらしい。日本の風呂文化は世界に通ずるものがあると私も思う。

ビッグ

ビッグ

トムハンクスが若い。12歳が体だけ大人になっての話。12歳の精神年齢は8歳ぐらいで描かれてます。

戦場のレクイエム

戦場のレクイエム [DVD]

前半はドンパチと戦争シーンが続いて映像はきれいなんだけどむなしくなるだけの映画かとおもいきや、中盤以降、戦争後の犬死にでない証明活動が胸を熱くします。おすすめ。

カストラート

カストラート

こういう映画を見ると現代でカストラートを合法的に聞く為にはどうすればいいか考えてしまう。性同一性障害なのかしずちゃんの様なデカイ女子なのかヴォルカノイドなのか。

正直ドロー判定でもいいぐらいの最後の息切れ気味。作戦は目に見えてわかるんだけどぎこちない試合運び、血が流れた時の対策のなさ、経験不足は否めない。

何よりも気になったのがレフェリーの頭髪風帽子感。板垣のオトンレベル。

あとジョー小泉が何にもわかってない事。1Rから4Rまでは確実に足の踏み合いをやっているのに打った後動かないとダメと忠告したり、10Rでようやく気がついたみたいで、頭を動かさないとダメと言い換えてました。採点のいらん付け加えは是非やめてほしい。

Older Posts »