1夜「S M L XL」Rem Koolhaas

昔から書籍はこつこつと自炊していた。雑誌とかを捨てて整理するため。そのときはなにも思わなかったが、別の意図で購入したiPad Air 128GBに1536×2048に編集し直したjpegで書籍を入れてみると、ビジュアルな本をかなりな速度でページがめくれてフラッシュ読みしていける。持っている重さも申し分無い。これはと思いiPad Airに自炊した物を入れていこうと新しくスキャンしたのが建築学生時代お世話になったこの本「S M L XL」。

重さ2.5kg、1300ページのスキャンをしてわかったのは、重い本は本棚の飾り、重い本ほど自炊すれば読む見るようになる。

どういう本かというと実はRem Koolhaasというオランダの建築家の作品が載ったポートフォリオ。それも学生の頃の作品込み。1300ページのボリュームにだまされていた頃はそれが解らなかった。1300ページを数分でスキャニングできるようになってそれが初めて解った。

学生の頃、デザインした線はどういう物かを非常に参考にさせてもらった本。

smlxl