15夜「白井晟一の手と目」白井原多

白井晟一は松濤美術館設計の建築家。すごく平たく書くと窓の少ない建築でかっこいい。打ち合わせをお願いすると太陽が差し込む時間を狙ってすごく自分がかっこ良く見える時間に時間指定されたらしい。

そのかっこいい建築家のこれまたシビレルようにかっこいいスケッチが公開された。B4の藁半紙に鉛筆書き。鉛筆でテクスチャまでしっかりレンダリングされている。かっこいい。添付した画像の箇所では階段の蹴上げの箇所を同面におさめるか少し引き込むかをスケッチで検討している。私は引き込むのが正解だと思う。

shirai